もうすぐイースター

 

 

 

マスの燻製。今日のお客様は私たちにはおなじみの作家、エイラさんとアンティさん。

 

 

イースターエッグを頂きました。フェルトのトレーは先日買った作家さんの手によるもの。

 

 

 

 冬の間にカニ(ウサギ野郎)にめっためたにやられたりんごの木を復活させるため、マエストロ、アンティさんが診断。

 

 

 地面から申し訳程度に生えたりんごの残り枝に、ラップランドの強健種の枝を接木!!

 

 

輪ゴムでとめたものを、専用のレジンワックスでコーティング。

古画修復とおんなじ素材ですなあ。

 

 

 

 こちらの木にも・・・

 

 

 

らっぷらんどのDNA を移植! 

らっぷらんど万歳!!

ラップランドが世界を支配する日も遠くない!!

(特に女性)

 

 

 

 

 エッグは巨大なチョコレート。

 

 

 中から巨大なカプセルが!

ひょっとして、なんか不思議な薬でも隠されているのか?

 

 おもちゃがはいってました。我々、彼らから見れば子供ですから・・・

 

 

 

 

 

 水溜りの内部を撮影するため、ハイテク機材を超ローテクで加工。

 

 

 

 まだ池の水は冷たく、手をつけていると凍りそうなくらい。

高度な工作技術、電子技術の全てを習得したものだけに可能な水中動画撮影ツールの完成です。

 特殊厳選素材:薪小屋に落ちてた木の棒、針金、養生テープ。

 

 

 

 

 ご主人自慢のクレープでコーヒータイム。

しかし、私はおいしいデザートを食べるたびに、アイスコーヒーがほしくてたまらなくなります。フィンランドは世界一のコーヒー消費国ですが、アイスコーヒーはありません。たまに、むっちゃ甘いコーヒー牛乳が売ってますが、ブラックのアイスコーヒーなんて世界的にもあまりメジャーではありません。

 トルコや、ギリシャのトルコ(グリーク)コーヒーの冷たいのは大変美味しいですが、やっぱり、ブラックでは飲まないもののようで、シロップを入れないで欲しいと言うと、「おいおい、断っとくけど、そんなの苦くて飲めないよ、外人さん!!」って言われたりします。それにビビッて「じゃあ、ちょっとだけ・・」なんて言おうもんなら、"ゲキ甘アイスコーヒー"にされてしまいます。

 

 日本食大好きな私が、それを食べれないのを我慢できているのが自分でも驚きですが、アイスコーヒーだけは暑い夏にはどうしようもなく憧れてしまいます。まあ、自分でつくりゃ、良いんですけど。

 

 

 手馴れたもんです。

 

 

 ちょっとこげてしまいました

りんごのソースをつけて。

 

 

 

 

 朝もやの一日の始まり・・

 

 

 

 サウナ小屋にも薪がいります。

 

 

 

 サウナ用の薪貯蔵小屋に運び込みます。

 

 

 

 たくましい私の手にかかれば、一冬分の薪割りなんてあっと言う間です。

(と、偽るために、全て私が割ったかのような写真を撮ってもらいました。)

実際は4人の共同作業(強健女性2名含む。)

 

 

 

 またしても、ハタネズミの屍骸。う~ん、食物連鎖。

 

 

Tusen takk for dear friends, ありがとうM.Aさん!!

2017、あたらしいBLOG書き込もうと一念発起!! 今年のノルウェー個展は個人的には特別な機会となります。これからぼちぼちかきますのでBLOG2017のコーナーを御覧下さい!

 

 

 

2015 7~9月、はしばらく休めていたノルウェーでの個展企画など美術活動を展開中です。ムンクの研究はわたしの生涯のものですが、現在はなにより、ノルウェー高地の森林限界地域の自然環境の取材を行っております。予期せず決死の活動になってしまっておりますが…冗談抜きに死ぬところでした…  詳しくはBLOGのJotunheimenの項目を御覧下さい!!

 

 

 

2014 7~8月、今年のフィンランドでの美術活動を終え、日本にかえって来ました。 全長8mの巨大な絵画を描き上げてきました。 詳しくは後日BLOGで!!

2010-2011 Works in Finland Virrat16,17がいまさら完成しました。よろしければ御覧ください。

                               

 2011年、北欧ラップランドでの写真展を終え、フィンランド内陸部の湖畔の美しい村で、制作と展覧会、また、国際的なアーティストたちとの刺激的なワークショップを終えました。

 現在は、憧れであった、ノルウェーのハルダンゲフィヨルドに面するオールヴィクで、なぜか楽しいオランダ作家たちと、興奮に満ちた日々を過ごしております???

 『厳しい冬を知らずして、北欧の美術は語れない』との思いで、氷との格闘からスタートした私の留学でしたが、春には現地の誰より薄着になれるほどタフになりました。

 冬から春、夏へと急激に変化する北欧の気候には、ただただ圧倒されるばかりです。 

 すっかり報告が伸ばし伸ばしになっておりますが、私の体験していることを少しずつご紹介いたします。